所属 西暦 日付 事項 区間 距離 備考
電車 1903 明36. 8.22   八ツ山 新橋 5.1 ≪東京電車鉄道≫ 電車運転開始
東京初の電車営業運転   馬車鉄道を改軌・電化  新橋〔1〕は芝口一丁目とも <品川線><金杉線>
市街 明36. 9.15   数寄屋橋 神田橋 2.0 ≪東京市街鉄道≫ 新規開業
数寄屋橋〔1〕(車庫前)は数寄屋橋(旧)の北詰  神田橋〔1〕(神田橋内)は橋の手前(南詰) <築地線><神田橋線>
市街 明36.11. 1   日比谷 半蔵門 1.9
日比谷日比谷公園・有楽門とも <半蔵門線>
電車 明36.11.25   芝口一丁目 上野 5.9 一部移設
馬車鉄道を電化(一部移設・万世橋(新)経由) 芝口一丁目は後の新橋〔3〕 上野は後の上野公園 <本通線><上野線>
市街 明36.12.29   神田橋 両国 2.8 東京電車鉄道と一部線路共用
柳原通り経由  両国は両国橋の手前(西詰)  須田町付近は東京電車鉄道と線路共用 <神田橋線><両国橋線>
市街   半蔵門 新宿 4.1 一部単線
新宿は後の角筈〔1〕付近か  途中複数個所に単線区間あり <新宿線> ※ 明治44年までに複線化
市街 1904 明37. 1.31   須田町 本郷三丁目 1.7
須田町-松住町-宮本町ルート  須田町〔1〕は後の万世橋駅の前 <本郷線> ※ 『わが街…』では1月15日
電車 明37. 2.21   本銀町角 浅草橋 1.5 単線一方通行(本銀町角→浅草橋)
馬車鉄道を電化(一部移設)  本銀町角は今川橋南詰   浅草橋〔1〕は橋の南詰 <室町線>
電車   本町角 浅草橋 1.5 単線一方通行(浅草橋→本町角)
馬車鉄道を電化   本町角は後の室町一丁目・室町三丁目〔2〕間   浅草橋〔1〕は橋の南詰
電車 明37. 2.25   浅草橋 雷門 2.3
馬車鉄道を電化 <蔵前線> ※ 『わが街…』では2月21日(誤りか)
電車 明37. 3.18   上野 雷門 2.1 大部分単線一方通行(浅草→上野)
馬車鉄道を電化  浅草表線菊屋橋経由)   日本鉄道秋葉原貨物線と平面交差 <吾妻橋線> ※ 馬車鉄道は消滅
電車   (車坂町) 田原町 1.9 単線一方通行(上野→浅草)
馬車鉄道を電化  浅草裏線合羽橋経由) ※ 車庫出入線を含む  ※ 馬車鉄道は消滅
市街 明37. 5.15   数寄屋橋内 両国 4.8 一部単線(鎧橋上)
築地・茅場町経由 <築地線><新大橋線><浜町線> ※ 鎧橋上の複線化は大正4年7月11日
市街   茅場町 亀住町 2.0 一部単線(永代橋上・他)
茅場町〔1〕は鎧橋西詰付近  亀住町〔1〕は後の深川一丁目付近 <千代田橋線><洲崎線> ※ 昭和2年に複線化
市街 明37. 6.21   日比谷 三田 3.2
  三田本芝とも<三田線>
市街 明37. 9. 6   三宅坂 青山四丁目 3.1 ごく一部単線
<青山線> ※ 複線化は明治40年
市街 明37.11. 8   本郷三丁目 上野広小路 1.1
本郷三丁目本郷四丁目とも <切通線>
電気 明37.12. 8   土橋 御茶ノ水 4.6 ≪東京電気鉄道≫ 新規開業
土橋〔1〕は橋の手前(北詰)  御茶ノ水〔1〕(御茶ノ水橋)は橋の手前(南詰)か <土橋線><水道橋線><錦町線>
市街 明37.12.17   小川町 俎橋 1.2 単線
俎橋は橋の手前(東詰) <九段線> ※ 複線化は明治40年
電気 1905 明38. 4. 3   土橋 虎ノ門内 0.9 一部単線(幸橋門付近)
日比谷公園(内幸町)経由   虎ノ門内は霞ヶ関付近
電気 明38. 4. 5   御茶ノ水 東竹町 0.4
東竹町竹町)は後の順天堂病院前 <お茶の水線>
電気 明38. 5.12   東竹町 神楽坂 1.9
神楽坂神楽坂下)は後の牛込見附 <お茶の水線><牛込線>
市街 明38. 6. 3   両国 亀沢町 1.0
両国は両国橋西詰  亀沢町〔1〕は総武鉄道高架線の南側(街鉄の本所車庫前) <両国橋線><江東橋線>
市街 明38. 7.18   亀沢町 小島町 2.1 一部単線(厩橋上)
<業平線><厩橋線>   ※ 厩橋上の複線化は昭和4年
市街   上野広小路 西町 0.5
日本鉄道秋葉原貨物線と平面交差 <厩橋線>
電気 明38. 8.12   神楽坂 四谷見附 2.0
四谷見附は街鉄線路の手前(北) <牛込線>
電気 明38. 9.15   四谷見附 葵橋 2.6 東京市街鉄道と一部線路共用
葵橋は後の溜池・虎ノ門間   四谷見附付近は東京市街鉄道と線路共用  一部専用軌道 <溜池線>
市街 明38. 9.17   西町 小島町 0.6
<厩橋線>
市街 明38.10.11   桜田門 霊南坂 1.5 東京電気鉄道と一部線路共用
琴平宮前経由の旧線  虎ノ門付近は東京電気鉄道と線路共用   霊南坂は米国大使館前 <虎の門線>
電気   葵橋 虎ノ門内 0.6 東京市街鉄道と大部分線路共用
琴平宮前経由の旧線  ほぼ全区間 東京市街鉄道と線路共用 <溜池線>
電気 明38.11.23   師範学校前 松住町 0.5
師範学校前は後の御茶ノ水  松住町神田松住町とも <お茶の水線>
市街 明38.12.29   半蔵門 三番町 1.9 単線
三番町〔1〕は後の一口坂付近 <番町線><市ヶ谷線> ※ 『わが街…』では12月19日   ※ 複線化は明治40年
市街 1906 明39. 1.20   三番町 市ヶ谷見附 0.6 一部単線か
市ヶ谷見附〔b〕は橋の手前(東詰)の甲武鉄道市ヶ谷駅前(外濠線とは未接続) <市ヶ谷線> ※ 複線化は大正2年か
電気 明39. 3. 3   信濃町 天現寺橋 3.9
信濃町〔1〕は甲武鉄道信濃町駅の南側(青山練兵場北端)  大部分専用軌道 <信濃町線><広尾線>
市街 明39. 3.21   俎橋 飯田橋 1.1
飯田橋は橋の手前(東詰) <九段線><江戸川線>
市街 明39. 4.13   三原橋 蓬莱橋 0.5
三十間堀沿いの路線  蓬莱橋〔1〕(新橋駅前)は橋の手前(北詰)か
電車 明39. 8. 2 田原町 下車坂町 △1.9
浅草表線の複線化により浅草裏線の単線区間を廃止   一部区間は上野車庫線(非営業)として存続
電車 [車坂町付近] (-0.0)
【推定】 車坂町・田原町間の複線化の際に移設か <吾妻橋線>
東鉄 明39. 9.11 三社合併 ⇒ ≪東京鉄道≫
東京電車鉄道・東京市街鉄道・東京電気鉄道の三社が合併 ⇒ 東京鉄道

☆ 各行をクリックすると、その区間の説明などが表示されます。 (右クリック または他の行をクリックすると閉じます。)
☆ 「移」(移設)や「-」(出来事)の行は、マウスポインタを載せるとアニメーション表示されます。

※ 所属欄の「電車」は「東京電車鉄道」 「市街」は「東京市街鉄道」 「電気」は「東京電気鉄道」 「東鉄」は「東京鉄道」
※ 括弧付きの日付は推定 または異説があって決め兼ねるもの
※ 事項欄の空白は「開業」を示す (「廃」は廃止 「休」は休止 「移」は移設 )
※ 区間の地名には当時の停留場名と思われる名称を採用
※ 上記距離は『土木局統計年報』にて「哩・分・厘」表示のものを「km」に換算
※ 解説文中の停留場名の〔1〕〔2〕…は時代による位置の変化を 〔a〕〔b〕…は同時代に別位置に存在したものを示す
※ 線路名称は後代のものを便宜上記載 名称の使用開始時期は不詳(昭和10年代か)

※ 非営業の待避線等は載せていませんが、例外もあります。また、災害による運休等も、ここでは取り上げません。
※ 背景図の地形や鉄道は、その時代の一時期をイメージとして表現したもので、実態とは異なる場合があります。

<参考資料>
・『土木局統計年報』(内務省土木局)
・東京の地図 各種
<参考文献>
・『わが街 わが都電』(東京都交通局)
・東京案内の刊行物 各種