所属 西暦 日付 事項 区間 距離 備考
市電 1931 昭 6. 6. 8 [御茶ノ水橋上] 0.1
御茶ノ水橋改架に伴い 橋上の運転再開 <錦町線>
市電 昭 6. 9. 3 業平橋 業平橋駅前 0.2
東武鉄道の浅草雷門駅への延伸(5月25日)に伴い 休止(事実上は廃止) ※ 『…成績調書』には後年まで掲載
市電 昭 6. 9.29 [早稲田終点] --
終点部の複線(35m)を単線化 <江戸川線>
王子 昭 6.11.22 王子駅前 王子柳田 0.1 単線
<王電 赤羽線>  【推定】 非営業の単線区間を移設か <赤羽線>
王子 1932 昭 7. 1. 7   (早稲田) 早稲田 0.0
<王電 早稲田線>  仮終点から現在の位置へ26m延伸 <早稲田線>
市電 昭 7. 5.19 天現寺橋 四之橋 (-0.0)
古川沿いの専用軌道を道路上に移設(42m減) <古川線>
王子 昭 7.12. 1 王子駅前 王子柳田 0.1 営業線化か
<王電 赤羽線>  【推定】 非営業の単線区間を複線化の上 営業線化か <赤羽線>
市電 1933 昭 8. 4. 1 北品川 品川駅前 △0.6
京浜電気鉄道の国鉄品川駅乗入に伴い 休止(事実上は廃止) <品川線> ※ 『…成績調書』には後年まで掲載
市電 昭 8.11. 6   白金猿町 五反田駅前 0.8
五反田駅前〔1〕は国鉄駅の前 ( ⇒ 昭和37年11月18日に移設) <五反田線>
西武 1935 昭10.12.27 委託 ⇒ ≪ 東京乗合自動車 ≫
西武鉄道が新宿軌道線の管理を東京乗合自動車委託 <高円寺線><荻窪線>
市電 1936 昭11. 3.10 [雷門付近] --
雷門分岐および折返線片線撤去 <蔵前線>
市電 昭11. 3.30 南千住六丁目 千住大橋 △0.0
軌道位置変更により短縮 (距離不明) <三ノ輪線>
市電 昭11. 4. 7 [土橋付近] --
土橋際分岐線(41m)を複線化 <土橋線>
市電 昭11.11. 6 [角筈付近] 0.0
角筈付近の工事に伴い 2m増 <角筈線>
城東 1937 昭12. 3.25 合併 ⇒ ≪ 東京乗合自動車 ≫
城東電気軌道東京乗合自動車合併 <小松川線><砂町線><一の江線>
市電 昭12. 3.31 三筋町 厩橋 △0.0
軌道位置変更のため 1m減 <厩橋線>
市電 [新橋駅北口付近] △0.0
新橋・新橋駅北口間(蓬莱橋線)の軌道位置変更のため 土橋線 7m減 <土橋線>
玉川 昭12.--.-- 渋谷 東横百貨店前 △0.0
<玉電 広尾線> 玉電ビル建設に伴い 渋谷駅にて路線分断(7月27日以前か)   東横百貨店前は駅東側(広尾線の新起点)
市電 1938 昭13. 3.22 [渋谷駅前付近] 0.0
渋谷終点線路模様替(複線59m減 同単線15m・複線29m増 同単線13m・複線19m増 計17m増:実態未検証) <青山線>
玉川 昭13. 4. 1 合併 ⇒ ≪ 東京横浜電鉄 ≫
玉川電気鉄道東京横浜電鉄合併 <天現寺線><中目黒線>
乗合 昭13. 4.25 合併 ⇒ ≪ 東京地下鉄道 ≫
東京乗合自動車東京地下鉄道合併   城東軌道線を継承  西武軌道線の管理受託も継承
市電 昭13.11. 1 ≪ 東横(玉川)の一部路線を統合 ≫
東京横浜電鉄(旧玉川電気鉄道)広尾線・中目黒線の管理を受託 (昭和12年以降 市電からの貸出車輛により運転中)
市電 1939 昭14. 4. 1   護国寺前 池袋駅前 1.8
護国寺線の元の終点部単線(29m)を複線化の上 延伸 <池袋線>
市電   [天現寺橋 東横電鉄連絡線] 0.0
分岐部複線23m増  同時に受託線の終点部単線(31m)を複線化 ※ 単線の連絡線は敷設済(昭和13年前半か)
王子 飛鳥山下 王電王子 0.1 待避線(単線)
<王電 三輪線>  王子駅前の折返用待避線(中線を抱く三線化) <荒川線>
市電 1940 昭15. 1.16 [青山一丁目分岐] 三聯隊裏 (-0.1)
屈曲した専用軌道を新設道路上に移設 (101m短縮) <広尾線>
市電 1942 昭17. 2. 1 ≪ 王子・城東・西武の路線を統合 ≫
陸上交通事業調整法により 王子電気軌道東京地下鉄道(旧城東電気軌道)の路線を買収  西武鉄道新宿線の管理を受託
市電 1943 昭18. 3. 9 東両国二丁目 両国駅前 0.3
(⇒ 昭和27年4月1日再開) <両国駅引込線>
市電 昭18. 5. 1 [土橋ループ] △0.2
事実上は廃止(戦後復活せず) <(土橋線)>
市電 [若松町待避線] △0.1
事実上は廃止(戦後復活せず)
市電 [白山連絡線] △0.3
事実上は廃止(戦後復活せず) ※ 当時既に通常の運転無し
都電 昭18. 7. 1 東京市電気局 ⇒ ≪ 東京都交通局 ≫
都制施行に伴い 東京市電気局から 東京都交通局の管理に変更
都電 1944 昭19. 5. 5   境川 葛西橋 1.3
<葛西橋線>
都電 淡路町 旅籠町 △0.7
(⇒ 昭和24年2月1日再開) <淡路町線>
都電 丸ノ内一丁目 都庁前 △1.0
(⇒ 昭和21年12月10日~23年5月21日 順次再開) <丸の内線>
都電 江戸川橋 矢来下 △0.5
事実上は廃止(戦後復活せず ⇒ 折返線として一部残存) <音羽線>
都電 [東京駅ループ] △0.4
事実上は廃止(戦後復活せず) <(丸の内線)>
都電 汐留 三原橋 △0.4
事実上は廃止(戦後復活せず) <蓬莱橋線>
都電 人形町 両国 △1.1
事実上は廃止(戦後復活せず) <浜町線>
都電 東京港口 芝浦二丁目 △1.0
事実上は廃止(営業線としては戦後復活せず ⇒ 芝浦工場への非営業線として残存) <芝浦線>
都電 水天宮前 土州橋 △0.2
事実上は廃止(戦後復活せず ⇒ 折返線および花電車の展示線として一部残存) <和泉橋線>
都電 新宿駅前 角筈一丁目 △0.3
事実上は廃止(戦後復活せず) <高円寺線>
都電 数寄屋橋 新橋駅北口 △0.6
事実上は廃止(戦後復活せず ⇒ 折返線として一部残存) <土橋線>
都電 錦町河岸 御茶ノ水 △1.1
事実上は廃止(戦後復活せず) <錦町線>
都電 天現寺橋 恵比寿長者丸 △1.2
事実上は廃止(戦後復活せず ⇒ 折返線として分岐部付近のみ残存) <ヱビス線>
都電 [大手町待避線] △0.1
事実上は廃止(戦後復活せず)
都電 昭19. 7. 5   (下板橋) 新板橋 1.2
下板橋は延伸時に廃止   新板橋は(すぐ)後の板橋町十丁目 <志村線>
都電 昭19.10. 1   築地 [築地市場] 0.6
貨物線
都電 昭19.10. 5   新板橋 志村 2.4
新板橋は(すぐ)後の板橋町十丁目 (延伸時には既に改称か)   志村は後の志村坂上 <志村線>
都電 昭19.12.25   築地 勝鬨橋 0.4
林病院前の待避線を延伸   勝鬨橋〔a〕は橋の手前(西詰) <勝鬨橋線>
1945 昭20.--.-- < 空襲 >
空襲の被害による運休区間多数

☆ 各行をクリックすると、その区間の説明などが表示されます。 (右クリック または他の行をクリックすると閉じます。)
☆ 「移」(移設)や「改」(改修)や「-」(出来事)の行は、マウスポインタを載せるとアニメーション表示されます。

※ 所属欄の「市電」は「東京市電気局」 「王子」は「王子電気軌道」 「西武」は「西武鉄道」 「城東」は「城東電気軌道」
  「玉川」は「玉川電気鉄道」 「乗合」は「東京乗合自動車」 「都電」は「東京都交通局」
※ 括弧付きの日付は推定 または異説があって決め兼ねるもの
※ 事項欄の空白は「開業」を示す (「廃」は廃止 「休」は休止 「移」は移設 「改」は改修 「再」は再開)
※ 区間の地名には当時の停留場名と思われる名称を採用
※ 区間距離は『電気事業成績調書』や『王子電気軌道株式会社二十五年史』による
※ 解説文中の停留場名の〔1〕〔2〕…は時代による位置の変化を 〔a〕〔b〕…は同時代に別位置に存在したものを示す

※ 非営業の待避線等は載せていませんが、例外もあります。また、災害による運休等も、ここでは取り上げません。
※ 背景図の地形や鉄道は、その時代の一時期をイメージとして表現したもので、実態とは異なる場合があります。

<参考資料>
・『電気事業成績調書』(東京市電気局)
・東京市電気局 市販の電車案内 各種
・東京の地図 各種
<参考文献>
・『わが街 わが都電』(東京都交通局)
・『電気局三十年史』(東京市電気局)
・『四十年史』(東京都交通局)
・『王子電気軌道株式会社二十五年史』